強いものがちの世の中

「強いものがちの世の中に、黒も白もないじゃないか。それにさ、今日の官吏は、たいがい強盗で、槍や弓をひねくりまわさない者はないじゃないか。あいてにならないがいいよ。」 周はそれでも聴かずにいこうとした。成はかたく諌《いさ》めてはては涙さえ見せたので、周もよすことはよしたが怒りはどうしても釈《と》けな...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 02:14 pm  

文登《ぶんとう》の周生《しゅうせい》

 文登《ぶんとう》の周生《しゅうせい》は成《せい》生と少い時から学問を共にしたので、ちょうど後漢の公沙穆《こうさぼく》と呉祐《ごゆう》とが米を搗《つ》く所で知己《ちき》になって、後世から杵臼《ききゅう》の交《こう》といわれたような親しい仲であったが、成は貧乏であったから、しょっちゅう周のせわになって...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 02:13 pm  

[#2字下げ]冬[#「冬」は中見出し]

ふところに電流を仕掛け眞珠頸飾りのいりゆじよん[#「いりゆじよん」に傍点]ひかりまばゆしぬつとつき出せ餓ゑた水晶のその手を……おお酒杯何といふ間抜けな雪だ何と……凝視《みつむ》るゆびさきの噴水。

[#2字下げ]いのり[#「いのり」は中見出し...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 02:12 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0111 sec.

http://c-gen.jp/