圖案

[#2字下げ]圖案[#「圖案」は中見出し]

みなそこに壺あり壺のなかなる蝙蝠はやみよの紋章ふね坂をのぼり朧なる癲癇三角形くされたる肉にさく薔薇さてはかすかな愛の痙攣。

[#2字下げ]妄語[#「妄語」は中見出し]

びおろん[#「びおろん」に傍点]の胴の空間孕める牝牛の蹄

眞實なるものには、すべて或る一種の憂鬱がある。

くちつけのあとのとれもろ[#「とれもろ」に傍点]麥の芽の青

またその色は藍で金石のてざはり

ぶらさがつた女のあし茶褐で雪の性

土龍《もぐら》の毛のさみしい銀鼠黄の眩暈《めまひ》、ざんげの星

まふゆの空の飛行機枯れ枝にとまつた眼つかち鴉。

— posted by id at 01:58 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.2329 sec.

http://c-gen.jp/