銘に

[#2字下げ]銘に[#「銘に」は中見出し]

廢園の一木一草肉心磁器晶玉天つひかりの手せんまんの手その手をおびえし水に浸し目あざやか。

[#2字下げ]くれがた[#「くれがた」は中見出し]

くれがたのおそろしさくりやのすみの玉葱ほのぐらきかをりに浸りて青き芽をあげものなべての罪はひき窓の針金をつたはる。

[#2字下げ]さりゆてゑしよん[#「さりゆてゑしよん」は中見出し]

純銀霜月の光にびしよ濡れいちねん智慧の玉乘り頭蓋《あたま》がないぞ、おい、玉は陰影《かげ》を引きみちばたの草にかくれた。

— posted by id at 02:07 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1605 sec.

http://c-gen.jp/