あの方を愛しております

「わたくしはあの方を愛しておりますので、そばにいていただきたいと、思わないこともございませんでしたが、それでは暗い人生になりますので、それはいたしませんでした。東京と新潟に別れて、つらい辛抱をしておりましたのは、あの方をそちらの籍へお戻しねがいたいためでしたが、ならぬとおっしゃるのでしたら、おゆるし...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:48 pm  

ちょっと頭を低めて

「そういうわけだったのですか。すると、あのとき、誰か芦の間にひそんでいたのでございますね」「こんどのご上京は、もっぱら、そのためだけのように伺っておりますので、大切な折を、おはずしになるようなことは、なかったろうとぞんじます」 老人はちょっと頭を低めて、「わたしから、お礼をいう筋ではありません...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:47 pm  

ふくよかな顔つきで

「あれは越後から、たびたび手紙をさしあげたそうですが、そういう不分明なことは出来ないとおっしゃって、とうとう、いちどもお逢いくださらなかったというようなことも聞きました……わたしは、こういうひねくれものでございますから、やすやすと信じる気にはなれませんで、いろいろと手をつくして調べさせましたが、微塵...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:47 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0106 sec.

http://c-gen.jp/